犬の医療保険加入が増えている


最近のペット達はペットというよりコンパニオンアニマルという名で呼ばれ、家族の一員としての地位を占めています。


ですから健康にも気を使ってもらい配慮されているようです。

その最たるケースが保険加入で、特に犬の加入が増えてきたと言われています。

犬の保険の最新情報を見つけよう。

特に最近は、犬が人間の子供のように扱われることも多くなっていると言われています。

飼い主と同じ食事をし服を着せられ、犬の幼稚園などもあり挙句にエステやジムにも通うという、本当に人間並みの生活をしているケースも少なくないようです。



それと同時に、人間と同じような病気も増えてきたとも言われるようになりました。糖尿病などは人間の生活習慣によって患う病気で、普通の犬の生活ならあまり考えられないということなのですが、それでも食生活が原因で患ってしまうケースもままあります。

癌などは昔からあると言われてきましたが、高額な手術代金や治療費によって、泣く泣く諦め死なせてしまって後悔したとのケースも少なくありません。そこで最近のペットブームに便乗した各保険会社が、「ペット保険」という商品を作って展開するようになりました。
獣医やショップと提携して勧めるようにし、加入者が増えてきたと言われています。

掛け金も飼い主の価値観によって様々あり、高額な保険プランであれば治療費や手術、術後の入院代金という人間並みの補償内容に火葬代金や葬儀代という、犬との生活の最終補償が付いているものまであるようです。

Infoseek ニュースについて分かりやすくまとめてあります。

どのプランでも人間の保険と同じで、とりあえずの安心を買うことはできますが、安価なプランはいわゆる掛け捨てタイプが多く、突発的な事故くらいしか保障されないようです。

加入する場合はまずきちんと内容を把握、検討し、複数社を比較してから契約することが望ましいです。


Copyright (C) 2015 犬の医療保険加入が増えている All Rights Reserved.